スマートフォンサイトはこちら

イベント

コンテンツタイトル下地

国際会議「Mediating Israeli History and East European History」
(イスラエル史と東欧史を仲介する)を開催します

2014年10月24日

タイトル
「Mediating Israeli History and East European History: Zionism and Jewish Migration from Russia and Poland」
(邦題:イスラエル史と東欧史を仲介する-ロシアとポーランドからのシオニズムとユダヤ移民)
日時

2015年1月11日-12日(日-月祝)

会場

埼玉大学東京ステーションカレッジ(東京駅 日本橋口そば、サピアタワー 9階)
※ 1階奥のエスカレータから3階のオフィス・ロビーの受付にお越しください

そのほか

■ 日本からの報告者・討論者(50音順、敬称略)
赤尾光春、David Wolff、下斗米伸夫、野中進、高尾千津子、鶴見太郎 (主催者、埼玉大学テニュアトラック准教授、教養学部・社会学)、宮崎悠、吉岡潤  …ほか、海外からの報告者 10名

■ 使用言語 英語
(通訳はありませんが、日本語のご発言に対する簡易通訳は可能です)

イスラエルをロシア史とポーランド史に位置づけ、またそこからロシア史やポーランド史を逆照射することを目的とした国際会議です
 
■ 事前申し込みは 不要 ですが、鶴見准教授宛て taro_tsurumi[アット]yahoo.co.jp(アットを@にして送信してください)まで ご連絡いただければ、ペーパーをダウンロードするためのパスワードをお送りいたします
 
■ 国際会議の詳細は こちら のウェブサイトをご覧ください

この記事のページへ

埼玉大学研究機構テニュアトラック第3回シンポジウム
「複合材料の実験力学」を開催します

2014年9月19日

タイトル
テニュアトラック第3回シンポジウム「複合材料の実験力学」
日時

2014年11月7日(金) 14:00~17:10

会場

埼玉大学 工学部講義棟 1階 50番教室

そのほか

■講演/坂井建宣
(主催者、埼玉大学テニュアトラック教員 准教授・理工学研究科 機械工学)
   Carlos Rolando Ríos Soberanis
   (Centro de Investigación Científica de Yucatán, Mexico)
   荒井政大(名古屋大学 航空宇宙工学専攻 教授)
■総合司会/蔭山健介(埼玉大学 理工学研究科 教授)
■参加料/無料
■参加方法/申し込み不要、直接会場へお越しください

「本シンポジウムは、2部構成となっております。第1部は、複合材料に関する基礎的な知識を得ること、そしてそれを踏まえて、第2部では、最新の研究を理解することを目的として、2件の講演を予定しております。前半部は特に一般向けの話をしたいと思っておりますので、専門分野に関わらず、ご参加いただければと存じます」(抜粋)
 
※ シンポジウムの詳細については、右のポスターをクリックしてご覧ください
※ 埼玉大学までのアクセス、埼玉大学キャンパスマップは こちら

この記事のページへ

埼玉大学研究機構テニュアトラック第2回シンポジウム
「現代調和解析とその応用」(Modern Harmonic Analysis and Applications)を開催します

2014年9月5日

タイトル
テニュアトラック第2回シンポジウム
「現代調和解析とその応用」
(英題:Modern Harmonic Analysis and Applications)
日時

2014年10月30日(木) 13:30~17:35

会場

埼玉大学 理学部1号館 3階 基礎数理演習室(1337番教室)

そのほか

■講演/ニール・ベズ(主催者、埼玉大学テニュアトラック教員 准教授・数学)
   Sanghyuk Lee (ソウル大学 教授)
   小澤 徹 (早稲田大学 教授)
   James Wright(エディンバラ大学教授、エディンバラ王立協会フェロー)
■総合司会/長澤壯之(埼玉大学 理工学研究科 教授・数学)
■参加料/無料
■参加方法/申し込み不要、直接会場へお越しください

※ 本講演はすべて英語にて実施いたします
 
「このシンポジウムでは、現代調和解析とその応用を紹介します。
調和解析の応用は、数学や科学にとどまらず、私たちの日常生活の中にも現れます。
このシンポジウムの目的は、調和解析を研究のキーとする、国際的に高名な数学者たちから、選りすぐりの進歩を提示していただくことです」(抜粋)
 
※ シンポジウムの詳細については、右のポスターをクリックしてご覧ください
※ 埼玉大学までのアクセス、埼玉大学キャンパスマップは こちら

この記事のページへ

埼玉大学研究機構テニュアトラック第1回シンポジウム「民族の罠」を開催します

2014年7月1日

タイトル
テニュアトラック第1回シンポジウム
日時

2014年8月2日(土) 14:00~17:30

会場

埼玉大学 理工学研究科棟7階 国際セミナー室

そのほか

■講演/鶴見太郎(主催者、埼玉大学テニュアトラック教員 准教授・教養学部)
    田浪亜央江(成蹊大学アジア太平洋研究センター)
    鈴木啓之(東京大学大学院総合文化研究科)
■討論/澤田和彦(埼玉大学教養学部、ロシア文学・日露関係史)
    宮田伊知郎(埼玉大学教養学部、アメリカ都市史・南部史)
■総合司会/山崎敬一(埼玉大学教養学部、社会学・エスノメソドロジー)
■参加料/無料
■参加方法/申し込み不要、直接会場へお越しください

「パレスチナをめぐって、ユダヤ人とパレスチナ人とのあいだにはいかなる相互作用があったのか。そしてこうした過程のなかで、彼らは何を失ったのか。

本シンポジウムでは、ユダヤ人やイスラエル、パレスチナ人にまつわる歴史と現状に即して、民族概念が近現代史において持ってきた魔力と陥穽について幅広く議論していきたい」(抜粋)

  ※ シンポジウムの詳細については、右のポスターをクリックしてご覧ください ※ 埼玉大学までのアクセス、埼玉大学キャンパスマップは こちら

この記事のページへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る